So-net無料ブログ作成

カズオ・イシグロ [小説]

 今年のノーベル文学賞が発表された。村上春樹さんなど下馬評があったが、カズオ・イシグロさんに決定した。どうしても私には「私を離さないで」の印象がぬぐえない。日本語訳の表紙にはカセットテープが装幀してある。当初この意味が分からなかったが、1956年にレコーディングされたレコードからカセットテープに録音した音楽が小説の中でポイントとなること、小説の内容などから透明なカセットテープを坂川事務所が装幀されたものだろう。やっと納得した。表紙から、カセットテープが絶世の1970~80年代の作品かと思ったが、2005年に発表されたもの。2016年のTBSドラマ化では現代風にCDになっていた。小説の題材としては結構重く、クローン人間の心境などをつづったもので、医学の進歩に呼応してまさに現代新鮮に感じる。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る