So-net無料ブログ作成
検索選択
コラム ブログトップ

紙の書籍 [コラム]

「紙の本は絶滅するのか」このインパクトあるタイトルにひかれて記事を読んだ。2016年3月8日の毎日新聞夕刊、松家仁之さんが「今週の筆者は」欄に記載されたものだ。

本の材料に関係する仕事のため、紙の本が絶滅するとは一大事と気になった。記事を読めば概略がわかったが、やはり本も読まねばとして本書を読んだ。そうは行っても日本語訳だが。

原著は2009年に発行され、日本語訳は阪急コミュニケーションズから工藤妙子訳で2010年に発行された。天地小口は青く着色され、カバーは黒を基調にして銀色の印刷がされて、角背になっている。

有名なイタリアの学者ウンベルト・エーコとフランスの脚本家ジャン・クロード・カリエールとの対談形式で話が進んでくる。タイトルだけで著者について全く知らずに読んでみたのだが、無知とはいえ高名な二人による対談だった。残念ながらウンベルト・エーコ氏は今年の2月19日に亡くなられた。

約460頁に及び、本の表紙や装丁に関する表現を期待したのだが、結果として本がいかにすばらしいかを紹介しているように感じた。工藤妙子さんの訳者あとがき「本の世界はあたたかい」で、原題を直訳すると「本から離れようったってそうはいかない」とのこと。内容からするとこのほうが、そうだそうだと納得する。本の電子化が進みCDROMなどに記録されることになっても、5世紀も前の印刷物を読む事の出来る本はすばらしい、との記載。やはり本を称賛する書物だった。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

毎日新聞 [コラム]



 西村作品紹介の中で、写真電送について記述した。そのときの記憶から、毎日新聞を見て、あれっ、と思った。それを紹介したい。



 2015年(平成27年)2月12日の毎日新聞朝刊には「毎日新聞きょう5万号」との記載があった。紙面右上には【明治5年創刊】明治25年3月8日第3種郵便物認可 との記載があった。普段関心がなかったが5万号とのことで眺めてしまった。



 明治5年創刊とのことだったが、広辞苑第六版によれば1876年(明治9年)創刊の大阪日報を母体に・・との記述があり、1874年(明治7年)創刊との記述のある読売新聞の方が古いようである。どの新聞を母体とするかなどにより、違いが生じるのだろうが。たまたま調べたらの結果なので本題ではないのだが、東京日日新聞が母体ならはっきりさせておいたらと、外野からの意見だ。



 この5万号の記事をよんでいたら、「速く 鮮やかに 追求 画像」との記載があった。活字だけの紙面では味気なく、多くの読者の目を引くために錦絵の採用は効果があった。速報性が不可欠だった東日は1904年(明治37年)4月4日に写真掲載を試みたとのこと。そこまで記載するなら1928年京都で行われた昭和天皇即位式の写真電送の話にまで言及してほしかった。当時の新聞は現在のインターネットのように最新の情報を号外で庶民に報道していた。京都の昭和天皇の即位式の写真が、東京の新聞紙面を飾ることになればインパクトは大きい。そこで大阪毎日新聞と朝日新聞がしのぎを削り、日本電気の技術を有した大阪毎日新聞に軍配が上がった。大阪毎日新聞の快挙なのだが。東京日日新聞でないと毎日新聞ではないのだろうか。なにか過去の因縁があるのだろうか。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

小説はデータなのか? [コラム]

 みなさんもご存じのように、電子ブックの発達により、読書の形態が変わってきている。小説のソフトを購入して画面で読むばかりでなく、自分で本を購入し、断裁し、PDFに変換して小説を電子化する(「自炊」というらしい)。そしてパソコン等で読書する。電子化を企業が請け負い(「他炊」というらしい)、著作権でもめている。著作権の議論を始めると、話が複雑になるが、著作権の問題以外に、これでいいのだろうかと憂うる点があり、今回のコラムになってしまった。
 小説は文脈や小説家の意図や心情などを考え、読者の主観を入れながら読んでいくものだろうと思っている。ところが最近の小説は単なるデータなのではと気になる。必要なキーワードを入力すればその単語を含む小説の部分を表示できる。背景や前後関係は当然無視される。小説家の意図にはお構いなしで、調べたい人間の目的だけを満足させる。ほんとうにこれでいいのだろうか。現在私が、西村作品についてあるキーワードに基づいて独断と偏見による主観を記載している。残念ながら、電子ブックや電子化したデータなどはなく、コツコツと読んだ内容のつみ重ねだ。
 今から20年以上も前に、西村作品を読み始めたが、ふと気がつくと、西村先生はその時代の最新技術を小説の中に上手く組み込まれているのではと感じるようになった。そんな観点で読み始めると、小説家によって技術の取り込み方に違いがあり、西村先生はいろんな通信手段などをふんだんに小説に取り込まれていると感じた。推理小説の書き手は時代を反映した技術を、推理を解く糸口に取り込んでいくのが普通なのかも知れないが、それには作家の好みもあるのでは。その感覚で西村作品を読もうと、自分でキーワードを考えそれをヒントにして読むという読書が始まった。現在ならそんなばかなことをしなくても、キーワード検索で答えが一髪ででるだろうとの声が聞こえてきそうである。小説はその時代背景を象徴した内容を含み、小説から新たな時代を作り出していくものだ。「太陽の季節」や「限りなく透明に近いブルー」などはかなりインパクトが強く脳裏に残っている。キーワード検索ではとてもこんな考えにならないのではと感じる。
 論文や特許などでは、過去に誰がどんな研究をしていたのか、自分の研究範囲のキーワードに基づいて検索を行い、類似の研究を探し当てる。そして、自分の研究はどこが違い、どれだけ優れているか、アピールして新たな論文を作り上げる。この手法は不思議でもなく当たり前の作業となっている。そのため、データベース化が進み無料の検索システムでもかなりの精度で多くの情報が得られるようになっている。この考えを小説に応用することが、はたしてどれだけ意味があるのだろうか、と疑問を感じてしまった。記載当時の状況、小説家の意図などはキーワード検索では無味乾燥となっているのではと感じる。論文や特許での検索は自分の研究をより早く仕上げるためには有意義だと認めるが、それを小説に応用し検索データだけで議論するのは、時代の分析には有用かも知れないが、書き手の感情を離れてしまうだろう。
 移り変わりの激しい時代を生き抜くには、自分を時代に合わせてうまく時代の産物を利用して、短時間で結果を導き出すのが、優れた研究者なのかもしれない。その点私は時代遅れとなりそうだが、世間の皆さんも常に時代を利用し謳歌されているのだろうか。

アナログとデジタル [コラム]

 2011年7月24日正午、一部の地域を除いて58年間続いた、テレビのアナログ放送が終了した。白黒でも楽しく見ていた私からすると、カラー化でも驚いたものだが、デジタル放送のテレビの鮮明さに感激したのがつい最近のことだ。デジタルの鮮明さで、1-2時間もたたないうちに目が疲れて、かえってアナログの方が、眼に優しく疲れないと思ったのが懐かしい。人間不思議なもので、今ではデジタルを何時間見ても気にならない。慣れというのは恐ろしい。
 デジタル当初、我が家にはアナログテレビと混在していた。輪唱のようにデジタルが遅れて聞こえ、時報が合わない、あれ不思議だと原因をパソコンで調べたりもしたものだ。アナログのラジオ放送を聞きながらデジタルテレビを見ると一呼吸ずれて取り組みが展開する、マニアックな楽しみである。
 テレビのアナログ放送の終了を受けて、日ごろ気になっていたアナログとデジタルについて、今回はコラムにしてみたい。

A.テレビ  
 昔のテレビの外観を覚えておられるかな。古いドラマや映画の中での記憶だろうか。大きなつまみが二つあるのが基本だが、貴方ならこれらをどう操作する。我が家では、祖父の家で子供がどうしていいかわからず困ってしまった。まず、ボリューム。よく見ると、入切と音量の記載があるのだが、回すとの発想はなく、音量のつまみを押していた。残念ながらいくら押しても、テレビはつかず、音量も大きくはならない。確かに今は、押すと入切、音量調節も押して変化させる。それが当たり前なのだろう。せっかくテレビが写っても、今度はどうすればチャンネル変更するのかわからない。チャンネルの数字を押している。当然数字を押しても変化はない。さらに1から12までの数字なので12の番組の次はまた1の番組に。チャンネルは回すもの、は古いのだろうか。今や画像の鮮明さと共に、デジタル画面を謳歌している今日このごろである。

B.電話
 今では復古調の電話機もあるが、基本は数字が配列された、電話機である。日本ではプッシュホンの名称で1969年から販売が開始されたが、その当時ほとんどはアナログでダイヤル方式だった。家庭用は通称黒電話と言っていたのを覚えているだろうか。ぐるぐる回る丸い穴の開いた円形の盤があり、穴には1から0までの数字がかいてあった昔の電話を。子供も黒電話を覚えているはずだったのだが、0から9までの数字しか表示がない、数字部分を押して電話がかからない、番号を確認する液晶表示部分がない、何故だ?の疑問。数字部分に指を入れて、ストッパーの部分まで回すのだよ、と言ってもきっちりストッパー部分まで回すのがわからない。逆に、私などはそれが当たり前だと思っているので、なんでと子供に言われると返事に困ってしまう。これもアナログとデジタルの素朴な違いであろう。

C.レコードとCD  
 レコードとCDとするのが私としてはすっきりする。ビデオとDVDだろうと言う人があるやも知れないが、そうなるとレコード、テープ、CDの流れの中で答えが不明瞭になるのでは。歴史を考えると、私はレコードとCDにさせて貰おう。レコードの歴史は皆さんもご存じの通り、エジソンにさかのぼる。レコードは針を載せると音が出る、しかも、左右音の違うステレオでだ。これでもすごいと感激して聞いていたのだが、CDになるとレコード時代の気になるS/N比もほとんど飛んでしまう程透き通った音になった。ターンテーブルはやっぱりベルト方式で重さが重要、アームはオルトフォンがいいか、針はエムパイヤでいいか、真空管方式のアンプでなくトランジスターでもいい音でるぜ、スピーカーはJBLよりタンノイだろう、などうんちくを並べていた時代が懐かしい。しかし、今の子供にとっては全く理解してもらえないようだ。まず、レコードではなんで録音時間が表示できないのだ。レコード世代にとって録音時間はジャケットの記載を目安に、カールベームとフルトベングラーではテンポが余りにも違い、録音時間も違う。なるほど違うなとは、録音時間ではなく、体で覚えて感激したものだ。秒単位までがたがた言うな。また、レコードはノイズがあるので気になる。この、音のこもり方や抜けを使用機器で変化させていく楽しみをわからない。ノイズが極力ないのが当たり前。昔の録音でノイズの残るCDは気になるらしい。どうも古い頭では理解しがたい。あと、なんでA面B面があるのか。DVDだって両面タイプがあるだろう。ひっくり返して聴いたっていいじゃないか。ただ、ドンドン足踏みなどするんじゃ無いぞ。音飛びが発生して、針は壊れるレコードに傷がつく。埃がつかないように、針と盤は綺麗にふくのだぞ。結構アナログは面倒なのかも知れない。

 いかがだろうか。なるほどと共感される方は、時代についていけないかも知れないのでご注意を・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
コラム ブログトップ
メッセージを送る