So-net無料ブログ作成
検索選択

邦文タイプライター3 山村美紗24 [山村美紗]

 「とと姉ちゃん」では、常子が会社を解雇され、邦文タイプ(和文タイプ)とタイピストが危ぶまれている。その中で、今回は山村作品とタイプライターについて眺めてみたい。

 西村作品では邦文タイプは個人のクセがほとんど出ない等個人を特定出来ない手段としても描かれている。確かに筆跡と違って個人を特定することは難しいため、推理小説としての使い方としては王道の気がするが、使う活字などから、ある程度機械を特定出来るのではなかろうか。

タイプライターでのタイプする機械のクセについて、山村美紗氏の小説では初期の作品から登場する。1970年の江戸川乱歩賞の応募作で原題が「京城の死」だ。「愛の海峡殺人事件」に改題され1984年になって光文社文庫で発刊された。ただ、乱歩賞では最後の5編には残ったものの、江戸川乱歩賞への応募当時は賞の選評で酷評されており、大谷洋太郎氏の「殺意の演奏」が江戸川乱歩賞を受賞している。このような作品だが、その中で、「・・タイプライターには必ずといっていいほど機械のクセがありますので私の手紙を打った機械を見つけようと思います。警察に李さんの家にあるのを調べてもらったら違いました。活字のクセというより機械のメーカーが違うのです。」「・・そのタイプのクセが同じなのです。李の字が摩減しているでしょう。・・」「・・彼の事務所で使っているタイプライターのクセが出ていましたから、・・」と。機械を特定し、誰が使用しているかによって犯人をあぶり出していく。

 さらに山村作品では邦文タイプの変わった使い方が登場する。原題は「虚飾の都」で1979年から1980年にかけて京都新聞に連載され、1984年に文藝春秋社から「扇形のアリバイ」として発刊された作品だ。その中では、「・・外国では男でもタイプを打ちますが、日本では特に邦文タイプの場合は女性が多いんですよ。・・」と日本では女性の職業を意識した表現がある。さらに、「・・タイプアート「タイプで絵を描くんです。主に電動タイプライターを使うんですが、たとえば女という活字を使って女性の顔を描いたりします。同じ活字を何度も重ね打ちすれば絵に濃淡をつけることも可能です。・・」と、タイプライターアートが登場している。今ならパソコンのソフトで出来るのだろうが、実際のタイプを使って絵を創造するのは大変だったろう。1930年代にジュリアス・ネルソンが英文タイプで作成した作品などからより高度なアートとして発展していったものだ。タイプも単なる印字から進化し、それを山村美紗氏はしっかり押さえている。
 英文タイプと違って漢字変換が必要となる邦文タイプは、ワープロ(ワードプロセッサー)が浸透するまでは、まさに職業婦人などの専門職であった。1982年に能率協会から発行された「ワードプロセッサ・ガイド」の創刊号には、ワードブロセッサーは和文タイピスト2人分の働きをするとの記事がある。当時のワードプロセッサーは150万円以上の価格で、まだまだ一般家庭にまで浸透する時代ではなかった。ひらがなカタカナ漢字を組合せて、日本語に優れた表現力を与える邦文タイプライターは1915年から約70年間にわたって便利な印刷機械としての地位を築いていた。確かに日本の十大発明だ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

邦文タイプライター 2 西村京太郎28 [西村京太郎]

 朝ドラでは邦文タイプも登場する「とと姉ちゃん」が人気だが、推理小説での邦文タイプを考えてみたい。

西村京太郎氏の作品には、タイピストと共に邦文タイプや和文タイプの表現で登場する。明らかに邦文タイプを意識したものとしては、1963年12月に読切傑作集に掲載された「私は狙われている」で「・・会社のタイピストをしている松山弘子という女と・・」「・・タイプ印刷された数ページの報告書に眼を通した。」が最初だろう。また、タイプされた文字は筆跡をごまかすために使われ、1964年10月の小説の泉に掲載された「罠」では「・・私は紙片に眼を通した。タイプされた文字が並んでいた。一人の男の履歴書になっていた。「タイプだ」「あの人は筆跡も他人に知られたくないのよ」・・」と記載されている。

 さらに1974年産経新聞社から出された「日本ダービー殺人事件」では、「・・わかりました。邦文タイピストか看護婦だと面白いですな。」「・・今タイプ室でちょっとやってみたんですが、・・英文タイプと違って、邦文タイプの場合は個人のクセがほとんど出ないそうですから。」と文字の特徴を隠すにはうってつけの方法となっている。

1977年12月徳間書店から発刊された「ゼロ計画を阻止せよ」では、「・・筆跡をかくす方法はいくらでもある。活字を切り抜いて貼りつけてもいいし、或いは邦文タイプで打ってもいい。」と。1977年2月日本文華社から発行された「血ぞめの試走車」では、「・・頁をひらくと和文タイプで「雨宮営業部長に関する報告書」と印刷してあった。」と、和文タイプの表現が登場する。
 このように、1984年に野生時代に掲載された「特急「白鳥」十四時間」に「・・ワープロで書いた挑戦状は・・」とワープロの表現が登場するまで、邦文タイプは西村作品でも利用された。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

邦文タイプライター 1 [ドラマ]



 「とと姉ちゃん」には常子が邦文タイプライターのタイピストとして活躍する姿が描かれている。常子が就職する1937年(昭和12年)当時には、手描きによる清書より邦文タイプによる書類が使用されるようになっている。タイピストが当時の女性にとって、専門職としての活躍の場であることは、ドラマからも伝わってくる。さて、邦文タイプ、和文タイプどちらの名称が一般的なのか迷うところだが、広辞苑に従って邦文タイプライターとした。



 この邦文タイプライターは、1915年(大正4年)に杉本京太氏により発明されたもので、日本の発明家十傑にも選ばれた代物だ。日本特許第27877号として1914年(大正3年)10月14日に出願され、1915年(大正4年)6月12日に特許されている。発明者は杉本京太だが、特許権者は杉本京太、大谷仁兵衛、杉本甚之介の3氏となっている。活字をつまんで円筒状部分に印字する方式で、形状が図面に示されている。この3氏で事業を拡大するため日本タイプライター株式会社を設立して、邦文タイプライターの浸透に尽くした。日本特許に関連して米国にも出願されており、米国特許第1245633号として1916年11月7日に出願され1917年11月6日に特許されており、日本の特許より図面の出来はすばらしい。他に米国特許第1364593号もある。パーツについてはフランス特許第865102号、インクフィルムとしてはフランス特許第689635号もある。このように大正時代から、日本ばかりでなくグローバルな動きがされていた。



 今は、日本タイプライター株式会社も無く、キヤノンセミコンダクターエキィップメント株式会社に引き継がれている。このHPからは、邦文タイプライターの歴史を詳細に知る事が出来なかった。英文タイプライターのようにアルファベットだけを印字すればいいものではなく、漢字をどのようにして書類に活かすか漢字の版を拾う画期的な機械のため、旧日本タイプライター社の社史を通じた歴史だけでも記載してほしい気がする。



 邦文タイプライターは、ワープロが台頭してくる1980年代まで、書類作成の主役として活躍する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

尺貫法  鮎川哲也4 [鮎川哲也]

 鮎川作品には、「弱ったな。グラムで書いてあるんで判らない。女房は百匁と云ったんですがね。」「それじゃ四百グラムだ。去年の秋からいっせいに変わったんだよ。切り替え当時はなれない主婦が泣きごとを云っていたが、いまごろ亭主がまごつくのは滑稽だな。」との文章が出てくる。これは「愛に朽ちなん」という短編小説で宝石の1958年3月号に掲載されたものだ。

 「匁」を「もんめ」と読めただろうか。バカにするな、との方にはあしからず。1951年6月7日に計量法が公布され、その日を記念して6月7日が計量記念日とされた。1958年12月31日をもって尺貫法の使用が禁止され罰則まで設けられた。その当時庶民がなれ親しんでいた匁は、1893年(明治26年)1月1日に施行された度量衡法に量の単位として記載されており、国際キログラム原器を基準にして15/4kgとなる3.75kgを1貫とし、その1/1000の3.75gを1匁としている。使い慣れていた重さや長さの単位が突然変わるため、まごつくのも当然だったろう。ちなみに、現在の5円硬貨が1匁になっている。

 昭和26年の計量法では、第3条第2項に、「質量の計量単位は、キログラムとする」と記載されており、第10条第1項には「・・法定計量単位以外の計量単位は、取引上又は証明上の計量に用いてはならない。・・」と記載され、第235条には、「第10条第1項・・の規程に違反した者は、5万円以下の罰金に処する。」と記載され罰則規定まであった。これでは、庶民も従わざるを得ない。

 時を経て、1992年には、国際単位系(SI)に対応するため、計量法が改正され、施行された1993年11月1日にちなんで計量記念日が6月7日から11月1日に変更された。記念日が変更されたとは知らなかった。相変わらず、第3条に質量の単位としてはキログラム、グラム、トンが記載され、第8条では法定計量単位以外は取引上又は証明上の計量に用いてはならない旨の記載がされ、第173条には違反すると50万円以下の罰金となっている。

 そうは行っても「匁」は単位として現在でも使用されている。真珠の質量は「もんめ(momme)」が国際単位として使用されている。これは日本での真珠養殖を成功させた御木本幸吉氏のおかげだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る