So-net無料ブログ作成
検索選択

化石 2  小林久三 [小林久三]

 化石をタイトルに有する推理小説として、今回は小林久三氏の「化石の弔鐘(ちょうしょう)」を取り上げる。本書は1981年2月に光文社からカッパノベルスとして発行され、その後、「赤い旅券」に改題された。

あらすじとしては、「第二次大戦時、旧満州で旧日本軍の細菌部隊が開発した細菌兵器を、戦後密かに日本に持ち込んだ。秘密を守るため隠した場所の村民を細菌で殺戮実験を行い、運搬した人間には子供を犠牲にしてまでも秘密を守らせる。そして、ヘリコプターでの細菌散布が開始される。その時、新聞記者である主人公三木は、この機関ばかりでなく、アメリカや日本政府までも関知しているかも知れない散布による人体実験を、原稿に書いて暴露しようと決した。」ここで小説は終わる。

 この小説を読んで、薬害を扱った西村京太郎氏の「天使の傷痕」(「事件の核心」を改題)を思い出した。私には社会派小説として何か類似の感覚があった。調べてみるとやっぱり。「事件の核心」は1965年第11回の江戸川乱歩賞受賞作。小林久三氏は9年後の1974年に第20回江戸川乱歩賞を「暗黒告知」で受賞しており、それは足尾銅山事件を描いたものだ。両氏とも推理の根底に社会派小説の考えが流れていたのだろう。

さて、「化石の弔鍾」からは直接化石に結び付くものはないが、「・・三木は一瞬、化石のように立ちつくした。」との表現が化石としては唯一でてくる文言だ。この表現で、体が石のように固まった様子を示しているのだろうか。残念ながら、化石が推理に関係とまではいかなかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

化石 1 [化石]

 先日、化石収集が趣味という高校時代の友人宅を訪れた。化石の量にも驚いたが、発掘場所やその写真などの整理状況にも恐れ入った。どうもずぼらな托者にはなかなか出来そうもない。アンモナイトを中心に発掘するとのこと。

 その後用事があって新宿の紀伊国屋書店に出かけたら、宝石と化石を販売するコーナーがあった。以前からあったのだろうが、化石の発掘収集の話を聞いていなかったら関心もなく気づかなかったのだろう。そこで、推理小説に化石に関連したものがあるのか気になった。推理小説、化石でググってみると鮎川哲也の「憎悪の化石」と小林久三の「化石の弔鐘」の2件がメインでヒットした。今は便利な時代で、以前ならどうやって調べようかから考えなければならない事が瞬時に分かる。

 各小説の内容と化石との関わりについては、次回以降に譲ろう。

 化石の発掘収集も長年にわたって続けると、発掘時期や場所によって愛着が湧くのではなかろうか。特に趣味の無い人間にとっては長年にわたって続けた趣味はうらやましい。まさに継続は力なり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

紙の書籍 [コラム]

「紙の本は絶滅するのか」このインパクトあるタイトルにひかれて記事を読んだ。2016年3月8日の毎日新聞夕刊、松家仁之さんが「今週の筆者は」欄に記載されたものだ。

本の材料に関係する仕事のため、紙の本が絶滅するとは一大事と気になった。記事を読めば概略がわかったが、やはり本も読まねばとして本書を読んだ。そうは行っても日本語訳だが。

原著は2009年に発行され、日本語訳は阪急コミュニケーションズから工藤妙子訳で2010年に発行された。天地小口は青く着色され、カバーは黒を基調にして銀色の印刷がされて、角背になっている。

有名なイタリアの学者ウンベルト・エーコとフランスの脚本家ジャン・クロード・カリエールとの対談形式で話が進んでくる。タイトルだけで著者について全く知らずに読んでみたのだが、無知とはいえ高名な二人による対談だった。残念ながらウンベルト・エーコ氏は今年の2月19日に亡くなられた。

約460頁に及び、本の表紙や装丁に関する表現を期待したのだが、結果として本がいかにすばらしいかを紹介しているように感じた。工藤妙子さんの訳者あとがき「本の世界はあたたかい」で、原題を直訳すると「本から離れようったってそうはいかない」とのこと。内容からするとこのほうが、そうだそうだと納得する。本の電子化が進みCDROMなどに記録されることになっても、5世紀も前の印刷物を読む事の出来る本はすばらしい、との記載。やはり本を称賛する書物だった。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る