So-net無料ブログ作成
検索選択

防水電話 [ドラマ]

 最近のスマホでは、防水機能が増えている。CMでのインパクトは強い。確かに防水は便利で、生活防水ばかりでなくプールや海岸や風呂などで使用できるに越したことはない。

 このような防水機能は以前、コードレス電話でも見た。特に印象に残っているのは、1991年にフジテレビで浅野温子(矢吹薫)と武田鉄矢(星野達郎)の主演で放送された101回目のプロポーズの中での使用だ。達郎からの電話を矢吹家では妹の田中律子(矢吹千恵)が受け、薫は風呂に入っているからとコードレス電話を風呂に持って行く。薫は浴槽に落とすが拾い上げて鉄矢との通話を続ける。その時期にコードレス電話を購入したため、こんな機能があれば便利だとの印象が強かった。ただ、この電話機は後にも先にもこの第5楽章だけで、他の回では登場しなかった。その当時の新製品を紹介したものだと思ったのだが、この電話の防水機能に問題があったのだろうか。どのメーカーの電話かまではわからなかったし、当時はネット等無かった為、調べようもなかった。

 防水の状態を調べてみると、JIS C0920に規格があり、風呂でも使用できるレベルだと、おそらくIPX7で深さ1mの水中に30分浸漬しても動作することが規格なのだろう。

 防水機能に優れた電話機であれば、壊れにくいこともあるが、利用する世界がどんどん拡大していくため、今後の技術にも期待したい。ドローンが撮影の世界を大きく変えていくように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る