So-net無料ブログ作成

村上春樹 1 著作権 [村上春樹]

 村上春樹氏の作品は難解で読むのを躊躇していたのだが、今回短編にチャレンジしてみた。「イエスタディ」で、この作品は文芸春秋の2014年1月号に収録されたものだ。内容について問題が生じたため関心を持たれた方も多いと思うが、2014年4月18日の読売新聞によれば著作権について問題があったとのこと。イエスタディはビートルズの楽曲として有名だが、それに関西弁での替え歌の歌詞をつけたことが発端のようだ。この曲を管理しているソニー・ミュージックパブリッシングと村上氏との間で何かがあり、短編小説集として発行するにあたって、替え歌歌詞が大幅にカットされ一部文言を追加したなどして出版することになった。確かに著作権にまつわりTPPをはじめ各所で問題となっている。有名な楽曲を引用する場合は著作権者の許諾をとるなどされているが、今回はどうであったのか、それはわからない。小説、楽曲お互いに著作権をめぐる問題はつきないようだ。また、ポールマッカートニーに関する表現もあるが、5月17日の国立競技場の公演が延期となったのは残念。 さて小説の内容について。主人公は関西の芦屋出身で東京の大学に通っている。東京の言葉を流暢に話し、「それともうひとつ、僕がこれまでとは違う新しい人間になりたかったということが、ぼくが関西弁を使わなくなった大きな理由としてあげられるだろう。」と記載されている。また、主人公の友人は田園調布に住むが関西弁で話す人間。「後天的に学んだんや。一念発起して」・・「つまり一生懸命勉強したんや。・・」と関西弁を学んだことが記載されており、また、「・・・大阪市内の、それもかなりディープな地域のしゃべり方だ。」と特定地域の関西弁となっていることが記載されている。このような場面に遭遇してふと、自分はどうだったのだろうかと記憶を呼び起こすことになった。私自身は関西から東京に来た人間だが、主人公のように別の人間になりたかった訳ではない。学校で関西弁で話をしていたら笑われたことにむかっとして、まさに一念発起してアクセントを変えたものだ。ただ、お手本はテレビだった。そのため友人からお前の言葉はきれいだが東京弁ではない標準語だ、と言われたことがある。まさにお手本にする対象でアクセントは決まってしまう。 この小説では携帯電話が登場する。ただ、「・・これは携帯電話なんてものがまだ影もかたちもなかった時代の話だ・・」と、実際の携帯電話が小説に利用された訳ではない。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

斎藤栄 1 [斎藤栄]

 今回は斎藤栄氏を取り上げたい。斎藤栄氏は1933年生まれ、西村京太郎氏は1930年生まれ、山村美紗氏は1931年生まれ、で同時代を生きている。江戸川乱歩賞ではお互いにしのぎを削る中であったのだろう。結果として西村、斎藤両氏は江戸川乱歩賞を受賞したが、山村氏は残念ながら受賞には至らなかった。とはいえ、3氏の活躍はご存じの通りである。斎藤氏が江戸川乱歩賞を受賞する前年の1965年(昭和40年)に西村京太郎氏が「事件の核心」(その後、「天使の傷痕」に改題して発行)で第11回の乱歩賞を受賞している。その時、斎藤氏の「愛と血の港」が賞の候補となっており、選者の講評では斎藤氏にも好評価ではあったが結局西村氏の受賞となっている。その翌年の1966年(昭和41年)、斎藤氏は第12回の江戸川乱歩賞を「王将に児あり」(「殺人の棋譜」に改題して発行)で受賞している。日本推理作家協会会報1966年9月号の受賞の言葉で、「四度目の授賞式」として西村氏の後背に甘んじた気持ちを含めた受賞に至る決意を述べられている。これらは江戸川乱歩賞全集⑥(講談社文庫)に収録されている。なお山村氏は3回乱歩賞の候補に挙がったものの、受賞できなかったが、1973年第19回の候補作「ゆらぐ海溝」は松本清張氏により翌年「マラッカの海に消えた」として発行されている。 斎藤氏は作家として独立する前は横浜市に港湾局に勤務していたこともあるため、西村さんや山村さんの小説ではお目にかかれなかった船舶電話や岸壁電話が登場する。これらはまた紹介しよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る