So-net無料ブログ作成

芥川賞 3 異類婚姻譚 [小説]

 第154回芥川賞が発表された。「異類婚姻譚」では、何気ない夫婦と周辺の生活が描写されていて、どんな顛末が用意されているのだろうかと思っていたら、以外な結末に終わった。違和感もなく淡々と進んでいただけにあっけない感じもしたが、同時に何か後味に残る内容だった。一方、「死んでいない者」では、情景の描写が中心で、登場人物の話言葉に対してもカッコ書きもなく記述されていく。いずれの小説も設定された情景を淡々と描いて進行していく点では似ているように感じた。

 「異類婚姻譚」には現在の生活では当たり前のように使用されている、パソコンをはじめとした表現が登場する。これらの言葉は当たり前のように使用されているのだが、ふと気になった。それは最近の東京オリピックのエンブレムなどでも話題になったように、商標権なるもの。商標権を有する言葉を記載するには、少なくともこの言葉には商標権が設定されていますよとの記載が必要になるのだろう。

 「異類婚姻譚」でパソコン、ネットオークション、ドッグラン、メール、ファミコン、iPad、ナビについて調べてみることにした。パソコンはパーソナルコンピュータの略称なのでさすがに商標登録はされていなかった。ネットオークションはそれだけではだめだったが、鑑定団ネットオークションやGoo-netオークションなる言葉は商標登録されていた。ドッグランは犬用資料及び犬などに、商標登録されていた。メールはメール/MERで織物などに登録されていたが、携帯のメールではなかった。ファミコンは一斉を風靡した任天堂のゲーム機なのでさすがに任天堂が商標権を保有していた。iPadもアップル社が保有している。ナビについてはそれ自体ではないが、NAVICOMPUTERとしては登録されていた。このように小説で何気に使用されている言葉にも商標登録されているものがある。

以前村上春樹さんが小説「イエスタデイ」でビートルズの歌詞を改変して文藝春秋に掲載したものの、著作権の関係でもめ、結果として単行本では該当部分を削除することになった。歌詞をそのまま引用すれば、著作権者の了解を得ている旨の記載が必要になる。商標権でも厳密に考えたら、ファミコン[レジスタードトレードマーク]と商標権を意味する「レジスターマーク」の表示を該当する言葉を記載する度に入れる必要が生じるのだろうか。それとも、「ファミコンとiPadとは、それぞれ任天堂とアップル社の登録商標です」とでも文末に記載するのだろうか。せめて後者にしてほしい。ただ、どの表現が登録商標なのかまでは分からない。やはり、小説などでは厳しい取り締まりはやめてほしいものだ。小説を読む側としても違和感を感じる。

 そういえば、以前マイクロソフト社が商標登録しているウィンドウズの名称が、一般名称とならないように記事を記載する度、ウィンドウズ[レジスタードトレードマーク]との記載があり、うっとうしかったのを思い出した。そのうち小説にもちゃんと「[レジスタードトレードマーク]」を記載しろといってくるのだろうか。登録商標が出てくる度に「[レジスタードトレードマーク]」が多用された小説、読むというより、興ざめをして眺めるようか。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る