So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

探偵小説と推理小説2 [推理小説]

 「1973年版 推理小説年鑑 推理小説代表作選集」に、当時の日本推理作家協会理事長の島田一男さんが「序」を記載されていたことを前回書いた。その中での探偵小説と推理小説の違いが気になり広辞苑で調べてみた。探偵小説・・1969年発行第2版では「犯罪捜査の推理過程に興味の中心をおく小説。推理小説。」2008年発行第6版でも内容は同じ。一方、推理小説・・1969年発行第2版では「主に犯罪捜査を題材とし、その犯罪が、誰によって、いかなる動機・方法で行われたかを推理するところに興味の重点を置く小説。探偵小説。ミステリー。」2008年発行第6版では「犯罪事件、特に殺人事件の犯人、犯罪の方法・動機などにまつわる謎を論理的に推理・解明するところに興味の重点がある小説。ポーの「モルグ街の殺人」が早い例。探偵小説。ミステリー。」推理小説については第2版と第6版では表現がちょっと違う。探偵小説との違いについては、わかるようなわからないような。島田一男さんが書かれていたような、江戸川乱歩先生の探偵小説が推理小説の一分野と考えていい記述になっているのだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の1件 | -
メッセージを送る